〓〓〓 19回目の台湾旅行 2003年正月  2002.12.29〜20031.3 〓〓〓 

■12月29日(日)

さあ台北へ!

午後七時成田発 UA801便にて台北へ。着いたのが遅かったので、両替は長い行列でしたが、イミグレ手前で済ませました。タクシーで、台湾の友人「蛋蛋」の家に行く。中正機場からタクシーに乗ったのは初めての体験!空港タクシーは、高いけれど、街中のタクシーより親切だと思いました。自分で、運転手さんに道案内するのは不可能なので、蛋蛋に電話をして運転手さんと話をしてもらいました。夜間だったこともあり、850元ほどかかりました(空港〜新荘市)。降りるときに運転手さんが「帰りも呼んでください。800元で空港まで行きますから」と携帯番号をくれました。(蛋蛋宅といえばかわいい飼い猫の「たば子」→)
∴DETA ユナイテッド航空 78500円(格安航空券)

■12月30日(月)

宅急便と自助餐

高雄に住むお友達が出産したので、お祝いを贈るつもりでした。日本から送ると郵送料もバカになりませんので、台湾まで持ってきました。蛋蛋宅近所のセブンイレブンに入り「タッキュービーン」とお姉さんに告げるも、全然通じず(笑)、荷物を見せて身振り手振りで説明。「あ!」とお姉さんが取り出した袋はまさに「宅急便」の文字が!「これこれ〜!!!」と早速送り状を書いて出しました。日本のクロネコヤマトとおんなじで、時間指定も出来ます。日本円で400円くらいでした。
その後、自助餐で食事。11時前で、オープンしたてでした。お客さんも誰もいなくて、どの料理も手付かずでピカピカです。わ〜い!まだ料理が出揃ってはいませんでしたが、自助餐の一番のりは気持ちいいと思いました。

国父紀念館&國聯大飯店

タクシーとMRTを乗り継いで「国父紀念館」(写真)へ。今夜は便のよいホテルに泊まることに。国父紀念館はでっかい建物です。敷地内には中山公園もあり、なぜかすずめがいっぱいいました。このそばには、陳昇の事務所「新楽園」があります。いつもファンレターを書いているので、住所は知っていたのですが、今まで近づいたこともありませんでした。今回は勇気を出して(?)ビルの前まで行って見ました。でも突然訪ねていくなどという勇気はなく「ほ〜ここか〜」と眺めただけで終わり←ばかみたい(笑)。
∴DETA 國聯大飯店 1泊12800円(旅行会社のクーポン)
      MRTの駅「國父紀念館」からすぐの便利な場所にあります。
      入り口がホテルらしくないので、思わず通りすぎようとしてしまいました。
      最近リノベーションが済んだらしく、シンプルな内装で明るい部屋でした。
      さらに猫足のバスタブ!これはやはり泡風呂にするしかないですね(笑)。
      場所もいいしこの値段なら、また泊まりたいと思います。

お買い物

ホテルで昼間っからゆっくりお風呂に入ったりして休憩したあと、お土産を持って台北留学中の友人Sunnyちんの家に。ゆっくりお茶しておしゃべり。その後、チャイナテイストのお買い物がしたいと「永康街」へ。ここで、お友達に紹介してもらった(ガイドブックにも載りまくってる)「李尭棉衣店」というお店に行ってみたけど、あまり予算に合うものが無かったので、Sunnyちんの案内でぶらぶら師範大学近くの別の店も行きました。そこにも、「これ!」というものはありませんでしたが、旅の記念にという気持ちもあり、ノースリーブのチャイナ服上着を買いました。

ボス(高明駿)の店

今夜の夕食は、福岡のお友達、よしさんからのミッションを遂行すべく高明駿(ミャンマー出身の華人歌手・俳優。よしさんは彼の大ファン)の店で、タイ・ミャンマー料理。タクシーで民生東路5段92号の「皇城」(写真)へ。
ミッションと言うのは、このお店の常連であるよしさんが、今年は台湾に来られないため、かわりに年末に出すカレンダーをもらってくると言うもの。(よしさんは、ここ数年必ず年末にこの店に行き、カレンダーをもらっているのです)
まずは、料理をオーダー。食べ放題で一人480元と言うコースがめんどくさくなさそうだし、お得みたい。私は数年前によしさんと来た事があって、その時食べたすっぱ辛いサラダの味が忘れられない。「酸辣涼伴」とか言うもののらしい。今回は青いパパイヤのすっぱ辛いサラダを食べました。おいしい〜お代りしました。

カレンダーについては、オーダーが一段落したところで、マネージャーさんみたいな人に「カレンダーをもらえますか?」と聞いてみました。カレンダーという単語がわからないので、Sunnyちんに「月暦〜ゆえりー」と教えてもらいました。いきなり、カレンダー下さいと言っても驚かれるかと思い、よしさんの話をして、頼まれたんですと説明。
お店の人は、すぐによしさんがわかったらしく、よしさんの名刺まで出してきて、話が盛り上がりました。こちらは「日本の私の友達」と言っただけなのに「その友達って●●●●さん?」ってよしさんの本名が出てきたのには恐れ入りました(笑)。結局、カレンダーはお店にないけど取り寄せておくから、と言う話になり、再度訪問することにしました。

∴DETA 「皇城泰緬餐庁」 民生東路5段92号 TEL 02-2766-1777
      他に台北市内に1箇所、台中、高雄にも支店があります。

スーパーと饒河街夜市

食べ放題でたらふくたらふく食べたので、帰りは少し歩くことにしました。途中スーパーがあったので、Sunnyちんの家の電球を買って帰り、取りつけてまたもやのんびりしているとこへ、蛋蛋たちから電話。みんなで饒河夜市に行くとのこと、おなかはいっぱいだけど夜市も行って見たいので合流。おなかがいっぱいと言いつつも夜市はやはりたのしい〜食べたいものがいろいろある。最近就職したばかりの蛋蛋に安い(笑)ネクタイを買ってあげる。

■12月31日(火)

早朝の国父紀念館

19回も台湾に行ってるわりには、一度も早朝の公園を体験したことが無かった。今回は地の利を生かして、七時に起きて国父紀念館へ散歩してみる。いるいる!太極拳や、ダンスや健康体操やいろんなことを楽しそうにやっているグループがあっちにもこっちにも!すごいすごい。朝ご飯に蛋餅を買って帰り、食べた後、更に寝る。今日は深夜遅くまでコンサート。寝ておかないと身体がもたない。チェックアウトぎりぎりの時間まで寝る。

足つぼマッサージ&全身マッサージ

チェックアウトしたばかりの時、ちょうど国父紀念館を観光していた別動組、EIGOさんたちと合流。誠品書店を物色したあと、足つぼマッサージへ。ここはたろおさんのおすすめの店。私は過去に二回ほど店の前まで行って、お休みだったと言う経験有り。今回は「三度目の正直」に賭ける。同行者がよかったためか、ちゃんと開いていた。でそれほど待つことも無く、やってもらえた。30分600元は台湾でも高い方じゃないかしら?それでも、腕はいいみたいで、いろんなところで紹介されているのを見たことあります。すごく痛い。でも終わったあとはとても爽快感がありました。EIGOさんは見学していたけど、YUTAKAさんと堀川さん(ともに初体験)は痛がりながらも楽しかったみたい。特に堀川さんは、その時かなりの体調不良だったのが、このあんまのあと、けろけろとよくなったらしい。すご〜い。
私も、年末の忙しさで、腕が上がらないほど肩こりがひどかったので、すすめられるままに全身マッサージも追加してみました。こちらは、それほど痛くなく気持ちよかったです。30分600NT。また行きたいお店です。
∴DETA 「呉神父健康中心」 仁愛路四段68号12楼-1 TEL02-2703-3199
      8:30〜8:30 日曜定休。仁愛路と敦化南路の交差点にあります。

牛肉麺と小籠包

お昼を食べていなかったので、牛肉麺を食べに行くことに。ガイドブックに載ってた永康牛肉麺館へいくも、それほどの美味でなし。タクシー飛ばして行ったのにちょっとがっかり。
その後、再度タクシー飛ばして昨日の皇城へ。行くと、すぐにわかってもらえて、カレンダーを山ほどくれました。(10冊以上入ってました。)更に、今夜のコンサートに備えて、食事をしようと言うみなさんと鼎泰豊二号店で食事。さっき食べたばかりのクセに、小籠包1かごくらいぺろりなのでした。(写真はCOMOさんの誕生日を祝って『小籠包で乾杯』の図)
∴DETA 「鼎泰豊二号店」 忠孝東路四段218号ATT百貨一階 TEL02-2721-7890

いよいよコンサート

TICC国際会議中心までは、ホテルから歩いて結構近いので、預けてあった荷物を引取り、歩いてむかう。仁愛路葉イルミネーションがとっても綺麗。賑やかな音がするのは、市政府前の無料野外コンサート。おお〜任賢齊の「再出発」が聞こえる。「あれ?リッチーなんか声ヘンだな〜。スピーカーのせいかしら?」と思っていたら、後で聞いたら、馬台北市長が歌っていたらしい。
会場前には顔見知りのファン達が集まっていた。これがまた楽しい時間。「ひさしぶり〜」などと挨拶を交わしたり、前に会った時の写真を交換したり。時間が迫ってるので入場。入ろうとしたら「もう始まってるから上の階から入ってください」と係りの人に言われる。「え〜〜〜!!もう始まってるの?え?オンタイム?え?そんな!陳昇らしくない。台湾らしくない!オープニングを見逃すなんて!!」と焦って上の階に回り、入ってみたら、照明はおちているものの、始まってはいなかった。ほ...。

⇒コンサートは後ほど詳しくレポします。

■1月1日(水)

睡眠時間を稼ぐ

コンサート終了したのは二時半ごろだだったか。いつもなら、みんなで遅くまで余韻を楽しみ、夜食を食べに行ったりするんだけど、今回はパス。何しろ今日の11時からは写真撮影に行くのだから。睡眠不足は美容の大敵(笑)。九月さん、YUTAKAさんと速攻タクシーで蛋蛋宅へ帰宅。その後3人は夜食を食べにいったらしいですが、私はすぐに寝ました。

変身写真へ

9時ごろ起床し、タクシーとMRTで愛国東路の写真館へ。詳細は別にレポしてます。
「台湾で変身写真にチャレンジ」

撮影終了後、西門町でカラオケしてる皆さんのところに少し顔を出し、疲労困憊でホテルへ。今夜の宿はヘブンリーベッドと言う大変寝心地のよいベッドが自慢のウェスティン。夕食までちょっと休憩。

∴DETA 「六福皇宮」 南京東路三段133号 一泊18600円。
      オープンしてまだ2〜3年でキレイ。目の前に空港行きのバスが止まるのも便利。
      午後のビュッフェが美味しいのですが(高いけど)今回時間がありませんでした。

新年会夕食

日本人と台湾人の総勢20名ほどで食事会をしました。湖南料理の食べ放題。にぎやかでした〜。おなかいっぱい食べました。ただ、一人580元の予算でしたが飲み物代を考えていなくて、ちょっと失敗。一人730元になってしまいました。飲まなかった人ゴメンナサイ。でも、金華ハムさいこ〜。
∴DETA 「湘厨 建国店」 南京東路二段206号2階

■1月2日(木)

買い物と北京ダック

午前中、アジアワールドFNACと微風広場で買い物をして、中山北路の三越前へ。台湾の日本語世代、楊先生と久しぶりに会って食事しました。ここのところ、タイミングが悪くてなかなかお会いできませんでした。つれて行っていただいたレストランは、有名な「天厨菜館」。席に着いたらまずお土産タイム。COMOさんやしおんさんらみんなそれぞれ、日本からのお土産を渡しました。昼間っから高級ショウコウシュをご馳走になり北京ダックをいただきました。おいしかった〜。
∴DETA 「天厨菜館」 南京西路一号2階  (南京路と中山路の交差店近く)

ホテル捜し

食事の後、しおんさんが「明日から泊まるホテル捜ししたい」と提案し、くっついて行くことに。実は、私もCOMOさんも今夜の宿を決めていませんでしたので、渡りに船の提案。まず、しおんさんが目星をつけておいた老爺ホテルの裏手の「Kホテル〜コダックホテル」へ。部屋を見せてもらうというのでみんなでぞろぞろついていきます。2300元程度の部屋で、なかなかこぎれいでした。ポイントが高かったのは、ADSL回線が使い放題だということ。3部屋くらい見せてもらって、しおんさんはこのホテルに決めてました。

私とCOMOさんはもう少し安価なところを希望していたので、更にその裏にあった「大欣大飯店」も見てみることに。表の看板には「ご休憩ご宿泊」と書いてあるし、フロントには部屋の写真が貼ってある、ソレ系のホテルですが、一番安い部屋は朝食つきで1290元。と言うので、やはり部屋を見せてもらうことに。部屋は狭いけどまあまあ、シャンプーや歯ブラシなどもちゃんと置いてあり、ミネラルウォーターのサービスもあります。決め手は、空港バス停への近さ!信号を渡ることも無く、徒歩ですぐのところからバスに乗れるのは、メリット大。結局わたしとCOMOさんは今夜の宿をココに決め、チェックインしてしまいました。

∴DETA 「大欣大飯店」 中山北路二段27巷2−2号  02-2565-2155(老爺ホテルの裏手)
     価格も立地もサービスもテレビの映りも申し分なし。
     でも、水道の水がとても金気臭い。うがいもできないほど。
     連泊はきびしいかな〜と思いましたが、帰国前夜には泊まりたいホテル。

だれ?レオンライ?!

ホテルも決まったので、ほっとして目の前の老爺ホテルでお茶でもしようとロビーに入ろうとしたとき、目の前に一台のバンが停まって、中からだれか降りサーっとホテルへ入りました。カメラが沢山いてかしゃかしゃと撮ってるし、「だれ?有名人?ゲーノージン?!」とミーハーな気持ちがざわざわざわ(笑)。その場にいたファンらしい人に聞くと「レオンライ」らしい。「お〜香港大スターだ!」と早速ホテルに入ってみると、確かにレオンライが写真撮られていました。だれか見届けると、興味が薄れてしまって、お茶のみに行きましたが(ファンじゃないので)。レオンライって、背の高い人かと思ってましたが、意外に小さな人だったのでした。テレビや映画だと大きく見えるのですね。

ネットカフェ

昨日まで泊まってたYMCAに荷物を取りに行くというCOMOさんについて台北駅周辺までもどり、COMOさん行きつけの(?)ネットカフェにつれて行ってもらいました。実は台湾のネットカフェ初体験。日本語の読み書きができるので便利ですね。1時間くらい遊んで、メールの返事などを書いた後、最後の買い物を三越やまわりのCDショップでしたあと、昨日撮った愛国東路の写真やさんで写真選びをしました。

最後の夜はラウンジバーへ

今夜はどうしようかな〜と思っているところへ、台湾の友人ジェニーから電話があり、夜飲みに行くことにしました。それまではホテルの部屋でのんびりテレビを見て過ごしました。夜九時過ぎ、待ち合わせのマックで遅い夕食を取り、ジェニーとCOMOさんと3人でタクシーで、東区のラウンジへ。その時乗ったタクシーが、ちょっと遠回りをしたというので、ジェニーが烈火の如く怒り始め、運ちゃんと口論になりました。メーターは140元ほどを指していましたが、「100元しか払わないから!」と100元だけ払って降りました。運転手さんも降りてきて、なんだかんだと文句言ってましたが、結局振りきりました。ジェニーはその後すかさず警察に通報していました。
お店は、入り口が真っ白のとてもおしゃれな造りですが、一見してお店とはわからない感じです。そとに警備員がいて、ドアを開けてもらいます。中は広くて、中央にバーカウンターがあり、周りにソファー席が沢山。店の名前は「KAMA」で、壁にはインドの文字でびっしりと文章が書きこまれていました。

ジェニーの友達の25歳の日本のロックが大好きな女の子〜日本のロックシーンについて、日本人の私たちより詳しい〜が同席して、なかなか楽しいお酒でした。COMOさんは例によってソフトドリンクでしたが。1時を回った頃、タクシーを呼んでもらって、ホテルに帰りました。今度のタクシーは、遠回りすることなくちゃんと送り届けてくれました。

あ、飲み代払ってくるの忘れた!ごめん、ジェニー。

∴DETA  「KAMA」 仁愛路四段266巷16弄3号 (國泰医院近く) TEL02-2784-4601

■1月3日(金)

帰国

ちゃんとモーニングコールしてくれるホテルだったので、寝坊せずにチェックアウトできました。無料サービスだった朝ご飯は時間がなくて食べられませんでしたが。
空港バスは大有だったためか1時間ほどかかり、ちょっと焦りましたが、別に飛行機にも乗り遅れることなく、無事帰国しました。東京は寒かったのでした。

∴YOKO'sTALKへ  ∴HOMEへ

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー